« 2007年12月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年1月14日 (月)

粉雪

雪は一晩中降り続けるだろう。
朝起きたら、きっと一面の銀世界。

君との思い出にも粉雪を積もらせて、
きれいな白に閉じ込めてしまおう。

そう思っていたのに……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 6日 (日)

侵蝕

帰らない日々 待ち望んでいても
ただ虚しさが残る 寂しさが募る

戻らない日々 振り返っても
ただ後悔が残る 自分を責めてしまう

いつになったら 僕の思いは君に届くの?
その答えは 帰ってくることがない


あふれ出る僕の想いは行き場を失って
深いところに沁みていく。
僕の世界を侵蝕して行って
あらゆる色彩を奪っていく。

淀んだ目には何が映る?

手探りでがれきの山を歩く
手も足も傷だらけになりながら

灰色の向こうにあるのは 闇夜
僕はどこまでもふがいないや

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 2日 (水)

終わらない世界

どこまでも続く青空を、浮かんでいく風船。
風船から垂れ下がる白いひもが僕の心に繋がっていたら
僕のこの想いもふわふわと浮かんでくれるだろうか。

ふわふわと青空を漂ってくれたら
そのまま君のところに飛んでいくんだ。

それで割られてしまうのなら、本望だ。
何も残らないだろう。君はそのまま歩いて行くだろう。
僕はいなくなって、何も変わらない世界だ。

終わらない日常を、僕以外のすべての人達に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年3月 »