« 2007年3月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年6月 7日 (木)

シアワセ

恋をしたことのある方々に質問。

      

失恋した恋の相手に、幸せになって欲しいと思いますか。

オレは間髪入れずイエスと言いました。
やっぱ、どう考えても幸せでいて欲しいよ。
なんかその人が辛い人生送っていたら凹んじゃうよ。

凹んでいても、超幸せでいても、オレにしてあげられることはもちろん何もないのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 5日 (火)

奇跡。

その当時、インターネットはメールと掲示板とチャットしかなかった。
いや、他にもあったかもしれないけど、僕にとっては他のものはインターネットにはないのと等しかった。
僕は友達とメール交換したり、見知らぬ人とメール交換したくて掲示板に書き込んだり、メールと掲示板で仲良くなった人達とチャットをしていた。
毎日、毎晩。

僕達は最初あるインターネット掲示板のユーザー同士として出会った。
掲示板に、「オフ会をやります」と書き込んだ人がいて、最初僕は全く興味なかったんだけど、突然掲示板のサービスが終了してしまったので、これまで掲示板で言葉を交わしたことのある人とのつながりが無くなってしまうのが寂しくて、急遽幹事の人にメールを送り参加することにしたのだった。
彼女は、オフ会の中心メンバーの一人だった。でも僕にとっては、オフ会の案内メールで初めて存在を知った、その程度の存在だった。

僕にとってオフ会なんて、全く未知の世界だった。
自分の名前を全く明かさず、「ハンドルネーム」で呼び合う異質な世界。
とても気恥ずかしく戸惑いが大きかったけど、でも面と向かって話している人が掲示板で見せていたキャラと重なって、初めて声を聞くのに初めましてじゃない感覚で話が出来るので、ものすごく親密な気分になれるのは、決して悪くはなかった。

色々な人と話をして盛り上がったけど、このオフ会で彼女と話した記憶はない。
ただ、参加したメンバーの中でも若くて可愛いなぁ、という印象。
それだけだった。

彼女と初めて話をしたのはその20日後くらいにあったオフ会じゃなかったかな。
何を話したかもろくに覚えちゃいないけど。
まぁお互い自己紹介から趣味とか仕事とかそんな話をしたんじゃないかと思う。
この時、彼女はわざわざ横浜まで出てきて朝までカラオケに付き合った。
オフ会=飲み会+朝までカラオケ というものだという固定概念が付いていたんだろう。
今、思えば。

僕が彼女の素敵さに気付いたのは、それから2ヵ月後のことだ。
すっかり冬になり、街はクリスマスの赤と緑に染まっていた。
クリスマスオフ会の誘いがあって、参加したのだった。
その時クリスマスプレゼントとして1000円程度のものを買って来てね、ということで、僕は地元の菓子屋で大きな菓子折りを買って行った。何でも大きい物が喜ばれると思って。
そのオフ会に参加したのは10人くらいだったんだけど、みんなが持ち寄ったプレゼントをくじ引きして一つもらうというお決まりのイベントがあって、そこで僕は大きな菓子折りを提供して、1冊の絵本を当てた。
「やさしいこころにはひびがはいっている」という名前の絵本。
結構いいもの当たったかも・・・と思っていたら、それは彼女が買ってきたプレゼントだった。
彼女にお礼を言って素直に喜んでいたら、彼女は「実はこれも・・」と言ってカバンからコップを取り出した。
彼女が買ってきた絵本は、コップが主人公の絵本だったんだけど、その主人公のコップが販売されていて、それもセットで用意していたのだった。
絵本といい、そのコップといい、そのセンスがとっても素敵で、かなり感激した。
「こんな娘と付き合えたら、素敵だろうなぁ」と真剣に思った。


それから9年後。
まさか本当に付き合うことになるとはその頃知る由もなかった。


付き合い始めると「9年前に付き合いたかった」とか今の幸福を棚に上げて思ったりすることがある。
でも、実際9年前には付き合うことが出来なかった。
僕の方も無理だったと思うし、彼女の方も無理だった。
7年前・・・でも無理だったと思う。

この9年の間に僕の身に起こった楽しいことや悲しいこと、辛いこと、どうしようもないことなんかが僕を変えてきたし、同じように彼女の身に起こった楽しいこと悲しいこと辛いことが彼女も変えた。
そして、なんかのタイミングがまた合って、付き合うことになったのだろう。

今の僕は9年前からこうだったら・・と思ったりするけど9年前の僕から言わせればこんな幸せなことはないだろ、贅沢言ってんじゃないって話だ。
まさに偶然に偶然が重なって、思いがけず奇跡が起こったのだ。
奇跡に感謝をしないでいるわけにはいかない。


今、僕はものすごく幸せだ。
その幸せを実感して噛みしめなきゃウソだろう。
実際素敵な体験をいっぱいしているんだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年9月 »